[塩析]硫安分画

タンパク質の溶解現象はその化学的,立体構造によりきわめて複雑であり,分子中の極性基の荷電状態により大きく支配される.塩類共存下において,塩溶,塩析の現象を示し,これを利用してタンパク質を精製する.

最もよく使われる塩は硫安(硫酸アンモニウム,Ammonium Sulfate,(NH4)2SO4, M.W 132.14)である.硫安の飽和度によって沈澱するタンパク質が異なることを利用して分画する.

硫安の飽和度はいろいろ定義があるが,Methods in Enzymology,Vol 1, p76 (1955)Greenらの方法を用いる

例 目的のタンパク質が硫安の飽和度30%から60%で沈澱する場合.

   Sample 200 ml

    |                                                            

   硫安30%飽和にする                
      表より硫安初濃度0の行の終濃度30−溶液1リットル中加える

       硫安は176gと読める−したがって,Sample 200 mlを硫安30
            %飽和にするには 176×200/1000 = 35.2 g を加えればよい.   

  硫安を加え終わった後,30〜60分間撹拌を続ける.       

    |                                                             

  遠心分離,12000 rpm, 30分   

    | ――――――   上清(sup) --- 容量(ml)を測る --- 今,220 mlとする     

沈澱1(ppt)      
 
30%飽和で            30%飽和から60%飽和にするには,表から初濃度30%飽和  

  沈澱するタン        の行の60%の所から198 gと読める.したがって,加える
 パク質       硫安は198×220/1000 = 43.56 g である
      
       

       硫安を加え終わった後,30〜60分間撹拌.
 
    |     
       遠心分離         

     |――――――――――上清  60%飽和でも沈澱しないタンパク質を含む)
      沈澱2 
     30〜60%飽和で    
     沈澱するタンパク質    

                     

目的のタンパク質が硫安30〜60%飽和で沈澱するとすれば,沈澱Uの中に含まれる.

硫安分画後の目的のタンパク質を含む沈澱は少量の蒸留水に完全にとかした後,蒸留水に透析して硫安を除く.